原価公開の家創りとは?

全てを公開したこだわりのオンリーハウス

全てを公開したこだわりのオンリーハウス

アルデザインは「原価公開の家創り」を行っております。

施主様の一生一度の大切なお家創りを、

  • 工事原価
  • 施工方法
  • 現場

全てを公開して、施主様こだわりのオンリーハウスを創らせていただいています。

メーカーや材料問屋(商社)のコストは徹底的に交渉しますが、人件費(職人さんの手間賃)は多分に熊本地場で、一番高く出させて頂いています。

職人さんの手間賃も職人さんへの技術の要求レベルも高いので、おのずと一流の職人ばかりです。

施主様のこだわりを実現させていただいて、より良いものをより安く創らせていただくのがポリシーなので、技術も価格も自信があります。

なぜ、原価公開!?

なぜ、原価公開!?

一般的に、住宅は3回建てて理想のお家ができると言われていますが、3回も建て替えるのは普通は不可能です・・・。

施主様は大切なお命(団信保険)をかけて家創りを覚悟なさいます。

ですからアルデザインも命がけで施主様のこだわりのオンリーハウスを創らせていただきます。

しかし、住宅業界はとかく不透明な業界です。

価格、施工方法、現場、どれをとっても不透明―――。

不透明でわかりにくい住宅業界にメスを入れ、施主様の家族最大の夢の実現である家創りを一生懸命応援させて頂くため、価格、施工方法、現場を全て公開しています。

原価公開できない理由!

原価公開できない理由!

なぜ、住宅業界では原価公開できないのでしょうか?

それは・・・利益構造に問題があります。

建設業は特に金融依存体質ですから、粗利益にはその会社の借金返済分が多く含まれています。

ですからこれを公開すると・・・、

「なんで、あなたの会社の借金分を私が返さなきゃいけないの!?」

という話になってしまいます。

アルデザインシステムはお金持ちではありませんが無借金経営なので、適正な利益と原価が公開できます。

利益も公開。とにかく、正直に。

よくインパクトのある安いお値段でお客様を募集し、実はその金額では仕様も異なり、モデルハウスやパンフレットみたいに家を建てると広告の値段の倍近くになる住宅メーカーや住宅会社は数多く存在します。

利益も公あ開。とにかく、正直に。

「坪単価」という考え方にしても、35坪のお家も55坪のお家も、

  • トイレは2箇所
  • お風呂は1箇所
  • キッチンは1箇所

というように、結構お金がかかる住宅設備の数は基本的に変わりません。

しかも、ローコスト住宅メーカーは「自社基準」の施工床面積で坪単価をだすので、とても不透明で理不尽です・・・。

ですからお客様はますます住宅業界に疑心暗鬼になられます。

アルデザインは正真正銘の原価を公開し、利益も公開し、不透明な住宅業界において、「正直」であることを心がけています。

「原価公開の家創り」を、資料にまとめました!

住宅業界はあまりにも不透明すぎます。
「今なら決算で200万円値引きますよ」と言う住宅会社もありますが、そもそもおかしくないですか?
当社の原価公開システムは、我々の利益まで公開いたします。

原価公開の家創り

  • 当社の考え
  • 住宅の原価や坪単価のカラクリ
  • なぜ良い住宅が安くできるのか?
  • 他者との利幅の違い
  • 原価と原価公開費の関係
  • 原価公開システムのフロー
  • 消費税が上がっても増税の影響を受けにくい秘密

などを、なるべくわかりやすく、シンプルに資料にまとめました。

 

これから家づくりをお考えの方はもちろん、将来家創りに興味がある方も是非一度参考にしてみてください。
下記より資料請求受付中です。 少人数の会社で、私(代表:早野)がすべての現場に携わっておりますので、
しつこい営業等は一切行いませんのでご安心ください。

資料請求・お問い合わせフォーム

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須電話番号
  しつこい営業電話等は一切行いませんのでご安心ください。
郵便番号
郵便番号を調べる
ご住所
  1. 都道府県
  2. 住所
関心のある項目は?
無料・資料請求について
必須ご質問、ご相談内容等を教えてください
お問い合わせ
ページトップへ